シロアリの被害や駆除を依頼する時の流れを確認しよう

危険なシロアリの被害

家を持っている方は、シロアリ被害のことについて知っていると思います。家の柱などを食べられ、重さを支えられなくなると倒壊してしまう危険性もあります。ここからは、シロアリの標的になる箇所を見ていきます。

シロアリの被害が起きやすい箇所

  • 床束
  • 土台
  • トイレ
  • 浴室

シロアリの被害や駆除を依頼する時の流れを確認しよう

白蟻

シロアリに気付くのが遅い原因

よくシロアリは被害が進行してから気付く場合が多いです。その原因として考えられるのは、シロアリの生態です。シロアリは、基本的に地中へ巣を作ります。なので、地中から屋内へ侵入してくることが多いのです。地上から侵入してくる害虫や害獣と違い見つけるのがとても難しい存在です。ですが、シロアリが被害を与える前に、存在を知る方法がいくつかあるので、紹介していきます。

飛んでいるシロアリ

シロアリが自宅の中を飛んでいる場合は、危険信号が点滅しています。5月~7月になると、シロアリは新しい巣を見つけようとします。なので、地上での活動が活発になるといってもいいでしょう。その時期に自宅でシロアリが飛んでいるのを見つけた場合は、巣の存在を疑うようにしましょう。

家の変化を感じる

シロアリが飛んでいる姿を目にしなくても、家に対して何かしらの変化を感じる場合は、シロアリが犯人かもしれません。これまでスムーズにできていたドアの開け閉めが干渉するようになっていたり、頼りない床があったりする場合は、一度シロアリがいないか調査した方がいいでしょう。シロアリによって壊された柱や土台などが家に変化をもたらしているかもしれません。

業者に依頼しよう

シロアリがいるかもしれない状況を紹介しましたが、実際にこのような状況になってしまった場合どうすればいいのでしょうか?すぐにシロアリの駆除や調査を行っている専門業者に連絡するようにしましょう。彼らはシロアリに関するプロなので、家の状態などを確認するだけで、シロアリ被害にあっているか判断することもできます。ここからは、業者に駆除を依頼する際の流れについてまとめていきます。

シロアリ駆除を業者に依頼する時の流れ

業者選び

初めに利用する業者を選びます。近所にシロアリの駆除を行っている業者を知らない場合は、インターネットなどで検索するといいでしょう。一括見積りサイトなどを利用することで、複数の業者の見積もり比較してくれるので、探す手間が省けるうえに料金が安い業者を利用することが可能です。

問い合わせ

利用する業者が決まったら、次は問い合わせをおこないます。業者に電話をすると、被害の状況などを確認して駆除にどれだけの費用が必要になるか大まかな説明があります。説明に納得できたら、業者が下見にくる日を選びます。自分と業者の都合が合う日を話し合いましょう。

下見

指定した日になると、業者の作業員が下見をしにきます。床下などの被害状況を確認して、正確な見積もりを出してくれます。業者によっては、見積もり金額に納得出来たらこのまま作業を行う場合もあります。ですが、一旦帰社する業者もあります。その辺は問い合わせの時に確認しておきましょう

駆除

シロアリの駆除作業を行います。シロアリの巣を撤去したり、シロアリにだけ効果のある薬剤を撒きます。作業は被害の状況によって変わりますが、早くて1時間遅くても3時間程度では終わるでしょう。

会計

駆除が完了すると、会計になります。提示された見積もり金額を請求されるでしょう。作業中に何かアクシデントなどが発生した場合には請求金額が変わることもあります。会計が済んだらシロアリ駆除は終了となります。

広告募集中